不動産の売買・贈与で困っている方、是非!ご相談ください!

不動産を売買・贈与した場合は、所有権の帰属が争いにならないよう、所有権移転登記を行われることをお勧めします。
例えば、不動産を買ったのに登記をせずにそのまま放置していると、さらに第三者に譲渡される可能性も
あり、その場合に第三者が先に登記をしてしまうと、あなたはその第三者に対して所有権を主張できなくなります。
後日の紛争を回避するためにも、司法書士をご利用ください。あなたにあったご提案をさせていただきます。